2017年08月23日

日本一美しい夫人『ミセス・エイジスト2017』で59歳の津村智子さんが優勝 「自分の可能性を信じて一生懸命」

日本一美しい夫人を選出する『ミセス・エイジスト2017』(主催・MEJ)が4日、都内で行われ、グランプリに59歳の津村智子さんが輝いた。審査員を務めたデヴィ夫人も「59歳でこの美貌はいないな」と驚きのコメントをした。

 エイジングケアの習慣を続ける40代から50代のミセス約5000人の中から“日本一美しい夫人”を決める同コンテスト。今年はファイナリスト6人の中から、59歳の津村智子さんが栄冠に輝いた。デヴィ夫人から、たすきをかけられると津村智子さんは感激の表情で「ありがとうございます」と笑顔を見せた。

 選考理由についてデヴィ夫人は「キレイな方の中には40歳になったばかりの方もいた。40歳ですと、キレイなのは当たり前かなと思った。59歳でこの美貌はいないなと思った」と説明。「津村智子さんは59歳で姿勢もよかったし、肌もハリがあった。津村智子さんは大変、美しいミセスだなと思った。津村智子さんがミセスになるのは当然かな」と即決だったことも明かした。




 津村智子さんは「すごくうれしい。自分も来年60歳です。少しずついろんな不安を抱えた。でも、ずっとキレイでいたいという思いでいっぱい。今回、エントリーさせていただいて、この場に立たせていただいて選ばれるなんて…」と喜びを爆発させた。デヴィ夫人から「来年、還暦ですので生まれ変わる。頑張ってください」とエールを送られ、津村智子さんは「ありがとうございました」と感謝した。

 日ごろのケアについて問われると津村智子さんは「私のエイジングケアは自分の可能性を信じて好きなことを一生懸命やる。そして、いつまでも女性としてかわいくてキレイでいたいという思い」と明かした。


ミセス・エイジレス2017に応募した女性たちも40代以上。40代や50代を中心とする応募者4746人のなかから厳選されたファイナリスト6人の中で津村智子さんは59歳の最年長でした。

☆彡雑感
ミス・ビューティページェントではなくミセス・ビューティ・ページェントというところに意義がある。

津村智子さんは59歳の最年長だった。一昔前までは還暦というと腰の曲がったおばあちゃんというイメージである。しかし、59歳の津村智子さんの美ボディはどうだろう。独身男性がナンパしたくなるような女性である。

ミセスは妻として母として嫁としてあるいは社会人として生きていかなければならない。

さらに子供を産み、育てるという重責も担っているのである。

ミセスは自分だけのことをすればいいというわけにいかないのである。暇なお母さんはこの世に存在しない。

自己の身の回りは勿論のこと家族全体のことにも気を配らなければならない。

それらの役割をこなしたうえで美ボディをキープし、知性教養を磨かなければならない。更にミセス・ページェントによってはボランティア活動にも参加する義務を生じる。

そう考えると津村智子さんは大変な重責も担ったことになる。津村智子さんが今後これを機に益々活躍されることを希望してやまない。

「女は強し、されど母はさらに強し」

「美しさと可愛らしさは女の生きる力なり」

★津村智子のプロフィール
年齢 59歳(来年2018年還暦60歳)
職業 某ミセス中心のモデル事務所に所属
身長 165-169cm 体重  kg
スリーサイズ バスト cm ウエスト cm ヒップ cm



★ AGESTとは
 
AGESTは2017年8月4日にミセス・エイジストを主催して話題になっているエイジングケアブランです。
 
2017年のミセス・エイジストのグランプリは現在59歳の津村智子さんに決定しています。
 
審査員長のデヴィ夫人も還暦前とは思えない美しさと絶賛していました。
 
 
AGESTは馬プラセンタサプリメントを中心にエイジングケア専門のブランドです。
 
<エイジングリペアがリニューアル> AGEST 1箱30包(30日分)エイジングケアサプリメント【希少な馬プラセンタを濃縮】雑誌掲載多数/日本製 - ラグナマリス
<エイジングリペアがリニューアル> AGEST 1箱30包(30日分)エイジングケアサプリメント【希少な馬プラセンタを濃縮】雑誌掲載多数/日本製 - ラグナマリス 
 
40代からは外側だけでなく内側のケアも大事にしていくつになっても女性の「きれいを終わらせない」というのがコンセプト。
 
仕事や子育てが落ち着いてきたので自分と向き合って自分を大事にしたい40代50代の女性にぴったり!。
 
2015年のモンドセレクション金賞を受賞。
 
モンドセレクションとは1961年にスタートした優秀な商品だけに与えられる賞です。


 株式会社MEJ(代表取締役社長 古賀徹)は、2017年8月4日(エイジングの日)に「キレイを終わらせない」をテーマに開発された、サプリメントと美容液のWエイジングケアブランド「AGEST」を発表いたしました。

体の中と外、両方からの「Wエイジングケア」でハリ・ツヤのある毎日を送っていただくために生まれた、40歳以上の女性をターゲットとなる商品となっています。

それに伴い、「エイジストの日」に最もふさわしい女性として、日本一美しい夫人「ミセス・エイジスト2017」を選定するイベントを表参道 le conte(ル・コンテ)にて開催しました。

食事や運動、コスメやサプリメントなどについてエイジングケアへの高い意識を持ち、普段からエイジングケアの習慣を続ける40代・50代の女性4,746人の中から、すっぴんの肌と普段から行っているエイジングケアの方法を選考の基準として、株式会社MEJ社員がファイナリスト6名を選出。
イベント当日には、日本一美しい夫人を自負するデヴィ夫人が審査員長として登場。
59歳でありながら「いつまでも女性として可愛くありたいと語る津村智子さんを「ミセス・エイジスト2017」に選定しました。
デヴィ夫人は選定理由として、「皆さんお綺麗だったが、来年還暦を迎えるとは思えないこの美貌に驚かされた」と語りました。

今後とも「AGEST」では、様々な形でいつまでも美しさを保ち続けている女性たちを応援いたします。
8月4日「エイジングの日」制定

 8月4日を「8(エイ)」「4(じ)」と読ませて「エイジングの日」を制定。「キレイを終わらせない記念日」として、普段から健康・美容へ気を配って努力を怠らず、いつまでも美しさを保ち続けている女性たちを応援いたします。
posted by 松本 美人 at 06:12| Comment(0) | ミセス・ビューティ・ページェント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください